ppmとは

CELA(セラ)水は人体に安全な50ppmの低濃度弱酸性次亜塩素酸水


CELAの有効塩素濃度は50ppm。
同義語として残留塩素濃度とも言います。
その前にppmとは何でしょうか。次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムだけではなく、液体に含まれる微量な濃度を表す際に使われるppmは、グラム(g)やリットル(ℓ)という単位ではなく、「100万分の1」という割合を表すので、%に近い使い方になります。
100万ppm=100%ということなので、液体でppmを用いる場合は、1ppm=0.0001%と考えると少しわかりやすいかもしれませんね。
 
それでは製品の話に戻ります。
一般に市販されている次亜塩素酸水の中で最も濃度が高いものは400ppm程のものがあります。
しかしこのような高濃度は人体には危険なため、よほど用途を制限して使用するか、希釈して使用することになります。
一般的に、人やペットなど生き物に対しては80ppmまでが安全の限度とされ、80ppmを超える濃度の次亜塩素酸水を使う場合は医師など専門家の指導のもとで使用してください。
 
50ppmでも効果はあるの?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、一般的な菌やウイルスは50ppmのCELA水で必要十分な効果が得られます。
 
確かに100ppmのように高い濃度の方が除菌力は高いかもしれません。
しかし、人体に不安だから加減して少量使うという使用方法は効き目が薄いのです。
50ppmのCELA水で効き目が心配なのであれば、1プッシュのところを2プッシュにすれば
、それだけで問題は解決です。
 
大切なのは菌と次亜塩素酸水の接触時間です。
危険な高濃度を少量使うよりも、安全な低濃度をたっぷり使う方が効果が高い!
これが次亜塩素酸水を上手に使うコツです。

弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)最安値に挑戦、価格更新中弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)最安値に挑戦、価格更新中

好評全国発送中
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の特徴安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の特徴
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の除菌力安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の除菌力
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の消臭力安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の消臭力
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)は人畜無害なので安心・安全です安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)は人畜無害なので安心・安全です
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)のネットショップ・通販最安値に挑戦安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)のネットショップ・通販最安値に挑戦
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)生成装置の設備導入について安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)生成装置の設備導入について

生成設備の導入をお考えの方はこちらから
CELAの販売店ビジネスパートナーCELAの販売店ビジネスパートナー
CELAのビジネスパートナーをお考えの方はこちらからお問い合わせください。
CELA水製造販売
弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)製造販売元SANRI
-  お問い合わせ -
カスタマーサポート
営業時間 9:00~18:00