弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)製造販売元SANRI

ノロウイルス、インフルエンザ、食中毒対策、除菌・消臭の弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)

CELAは安全を最優先に考えた除菌・消臭の弱酸性次亜塩素酸水
055-288-1230

pH(ピーエイチ)とは

pHとは酸性やアルカリ性を表す数値のこと


現在は標準的に「ピーエイチ」と読みますが、以前はペーハーというドイツ語流の読み方でした。
酸性やアルカリ性というのは、水溶液(物質を水に溶かした液)の性質の名前です。 食酢や果汁のように、すっぱい味のするものは酸性、 草木を燃やしたあとにできる灰を水に溶かした灰汁(あく)のように、苦い味のするものはアルカリ性です。
 
pHは酸性からアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけて、酸・アルカリの度合いをその目盛りの数字で表すもので、 pH7を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければアルカリ性としています。 pH7よりも値が小さければ小さいほど酸性の性質が強く、値が大きければ大きいほどアルカリ性の性質が強いことになります。

pH安定の重要性

CELA水は、pH6.5±0.05に安定させた弱酸性水です。
pHの安定は、その効力の安定であり体内殺菌メカニズムと同じ次亜塩素酸イオンであるということから、生体に最も安全で有効な殺菌アイテムであると思われます。
 
例えばpHが±0.5もの幅があるとすれば、その製品のpHは6.0~7.0という非常に大きなズレになります。
pH6.0の製品とpH7.0の製品は全く別物の品質の製品と考えますので、CELA水がCELA水であることはpH6.5±0.05であり、人体に対して安全である証明であると考えます。

CELAのpHと有効塩素濃度百分率

pH6.5±0.05の極めて狭い領域で安定生成しているので一般的な次亜塩素酸水以上に効果が安定します。

 
グラフの白い部分が次亜塩素酸領域になります。pH8のところをご覧いただくとわかる通り、有効塩素百分率は30%にも届きません。 つまり希釈次亜水による除菌はできるが効果が低い、もしくは除菌できるまでに時間がかかるということです。
 
CELA水はpH6.5±0.05の極めて狭い範囲で安定生成しています。
グラフでpH6.5のところをご覧いただくとお分かりいただける通り、有効塩素百分率が約95%になります。
CELA水と希釈次亜水を比較して除菌速度は驚きの約80倍になります。
またpHの安定がポイントであり、pHが安定しているから除菌効果も安定します。pHの不安定は効果の不安定であり、この極めて狭い±0.05の範囲で安定生成しているのはCELA水だけではないでしょうか。

弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)最安値に挑戦、価格更新中

好評全国発送中
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の特徴
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の除菌力
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)の消臭力
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)は人畜無害なので安心・安全です
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)のネットショップ・通販最安値に挑戦
安心・安全な弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)生成装置の設備導入について

生成設備の導入をお考えの方はこちらから
 
CELAのパートナー登録
CELAの仕入れをお考えの方はこちらから販売店のお申し込みを行ってください。
CELA製造販売
弱酸性次亜塩素酸水CELA(セラ)製造販売元SANRI
055-288-1230
 お問い合わせは
お気軽にどうぞ
営業時間 9:00~18:00