HOME | 希釈タイプとの違い

間違いが起こるか起こらないか

安全性と効果の安定性
危険な間違いが起こらない安全な次亜塩素酸水CELAセラ

とにかく「間違いない!」ということ

希釈しないストレートタイプは危険が少なく効果に間違いがないということです。
 
次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムを扱う際に、一番怖いのは希釈濃度が正しいかです。
希釈は正しい残留塩素濃度(ppm)にすること。
 
希釈率を間違えて高濃度で使用してしまった場合は非常に危険です。

 

薄ければ効果に期待できず、濃ければ人体に危険。

 

CELA水はそのまま使う50ppmのストレートタイプ。

 
50ppmは除菌・消臭に必要十分な効果があり、そのうえで人体に害のない濃度。
特にCELA水は50ppmという安全な塩素濃度にくわえ、特許技術で実現したpH6.5±0.05という他製品では真似のできない安定した数値のため、仮に間違えて目に入ったり、噴霧したものを吸引したり、がぶ飲みしてしまったとしても・・・全く問題ありません。
 
希釈タイプを扱う場合には「とにかく気を付けて」。

お勧めするのは安全で間違いのないストレートタイプです。